元国税局に勤めていてファイナンシャルプランナー、そしてよしもとの芸人「さんきゅう倉田」さんが書いた「読めば必ず得する税金の話」という本を読んだけれど、なかなか興味深かった。働いている人は特に感じる税金の高さ。そしてなかなか難解で仕組みが分からないことによる不透明さ。それを税金の基本、すぐに得する控除の話、所得の特徴等、全6章からなる構成で分かりやすく説明してくれたので、税金に対する考え方の壁が少し低くなった。全体的に漫画の登場人物や登場するアイテムに例えて説明してくれているので、特に漫画好きの自分にはものすごく腹落ちし易いかも。昨今タックスヘイブンを活用した課税逃れ行為が物議を醸し出すのも分かるかも。特にこれはいいなと思ったのは、「特定支出控除」。働いている自分には特に役立つ。特定支出控除出来る項目は全部で9つ。1:通勤費(通勤のための支出)、2:転居費(転勤で引っ越すための支出、3:研修費(仕事に必要な知識を得るための研修)、4:資格取得費(仕事に必要な資格を得るための支出)5:帰宅旅費(単身赴任で自宅に帰るための支出)、6:図書費(仕事に関係する本)、7:衣服費(制服・事務服・作業服)、8:交際費(接待やプレゼント)など8種類もあります。これは個人事業主で無くても、認められる控除で、会社員や公務員が「仕事をする上で必要」と認められたものが、給与所得控除額の2分の1を超えると、超えた部分を控除できる。今年始まってまだ1カ月も立っていないので、今年はきちんと領収書を保管して控除出来る様にしていこうと思う。研修費と図書費は特に気をつけよう。ベルタ酵素 市販