この時期になると、カフェなどで注文するコーヒーも、ホットコーヒーからアイスコーヒーになってきます。
個人的にはホットコーヒーの方が好きなのですが、冷たいコーヒーを飲んだときの喉の気持ちよさは美味しさとは別物です。
アイスコーヒーは作るのに手間がかかるので、家でコーヒーを淹れるときにはホットに限ります。
でも、外で飲むコーヒーは悩んだ挙句、アイスコーヒーになることが多かったりするんですよね。
ただ、アイスコーヒーって、濃い目に作られていることがほとんどです。
なので、私の場合、氷が少し解けるのを待って、ゆっくりと飲むことが多いです。
男の人なんかだと、コーヒーがテーブルにきた後、ほとんど一口で飲みきってしまう人もいたりします。
もちろん、濃くて美味しいというのも確かにあるのですが、人それぞれ、好みの濃さというのがあると思います。
この前、友だちにやたらとゆっくり飲むよねと言われてしまったのですが、友だちは濃いなと感じたりすることはないのでしょうか。